Thetis
Sysphonic
The World-Strongest Opensource Groupware / Web Collaboration Suite
Resources
Download / Clone
in
Demo
Features
デスクトップ
記事、コメント、スケジュール、ワークフローの新着記事は「最新トレイ」で一目瞭然。
気になる項目のショートカットはデスクトップ画面上にドラッグして保存。
付箋紙も自由に貼り付けられ、不要になればゴミ箱へ。
他のユーザーのデスクトップ画面にメッセージを送ることも可能(ポストラベル)。
さらに管理者は未ログインのユーザーに表示するデスクトップ画面を自由に設定することもできます。
掲示板・記事リスト
書式付きテキストをそのまま「記事」として保存。
画像や添付ファイルも必要なだけ登録でき、他のユーザーからのコメントも登録可能。
特定のフォルダ(複数指定可)を掲示板として指定でき、検索・ソートも思いのまま。
更新から7日間表示する更新メッセージも便利です。
フォルダ・ツリー
フォルダ構成がエクスプローラ風のツリー形式で一目で確認でき、しかも操作のたびに一々全画面が更新されるような煩わしさもありません。
ユーザー/グループ/チームごとにRead(読み)/Write(書き)アクセス権限設定可能。
記事・フォルダの並び替えもドラッグだけで手軽にできます。
スケジュール
日毎、週毎、カレンダー表示、グループ単位、チーム単位で表示可能。
繰り返し・日をまたぐスケジュールにももちろん対応。
関連する記事や設備を登録して、ポップアップでその詳細を確認できます。
休日も自由に設定できます。
設備予約
スケジュールと連動し、設備ごとに管理者などのメモを登録・参照できます。
重複した予約は警告ウィンドウで教えてくれます。
ワークフロー(電子決裁・稟議・回覧)
レイアウト自由自在な上にテンプレートも設定可能。 画像・ファイルの添付も好きなだけできます。
承認者も任意の階層×任意の人数を設定可能。
進行状況はフィード(RSS)やデスクトップ画面の最新トレイでリアルタイムに通知。
アンケート
フリーレイアウト。最大3ページ、各ページ20問まで設定可能です。
ラジオボタン・チェックボックス・ドロップダウンリスト・テキスト入力対応。
ページごとに回答を保存するので、いつでも中断・再開ができます。
しかも、未回答ユーザーへのメールでの回答催促、指定したグループ単位での集計までできます。
ユーザー一覧
役職を自由に登録してユーザーのデフォルトの並び順を調整できます。
リストからユーザーを複数選択して任意の内容のメールを一括送信もできます。
各機能ごとの個別の権限を付与できるので、例えばアンケートの管理者を他のユーザーに委譲する、なんていうこともお手のものです。
各ユーザーは自己紹介を記した「プロフィールシート」を公開できます。
メール(Webメール・E-mail)
PC上のメールアプリと変わらないユーザー・インタフェースを備えた本格的なWebメール機能。
アドレス帳まで装備し宛先入力もらくらく。もちろん添付ファイル付きのメールも送受信可能。
送受信したメールは通常の*.emlファイル形式でローカルにダウンロードできます。
アドレス帳(連絡先管理)
アドレス帳機能も完備。
単独のメニューとして表示できる他、メール画面上はもちろんデスクトップ画面でもポップアップ表示できます。
タイムカード
スケジュール機能と連動した、勤怠管理(出勤簿)・年休管理(有給休暇管理)機能。
その日の予定を見ながら出社・退社の入力ができます。
既定の休憩時間を自動挿入し、手動で個別に任意の休憩時間を登録することもできます。
遅刻・早退も自動判定して一覧表示。
残業・深夜(早朝)残業も自動算出してくれます。
もちろん年休(有給休暇)の管理もできます。
入力したタイムカードは無料クライアントアプリ ThetisCoreExcelファイルに出力できます。
テンプレート
管理者は記事のテンプレートを自由に登録可能。ユーザーのプロフィールシートをスキルマップとして利用も可能。
チーム編成機能
ユーザーは管理者が用意する「グループ」に複数所属可能なほか、記事を使って応募者を募り、「チーム」を編成する機能もあります。
業務プロジェクトの編成から、勉強会・サークル、さらには飲み会のメンバー募集まで活用できます。
フィード(RSS)
更新通知にフィード(RSS)をいち早く採用。
ThetisCoreThunderbird などお好きなRSSリーダーにより、新規記事登録、自分向けのメッセージ、処理すべきワークフローや一定時間以内に開始時刻の来るスケジュールなどが項目別に通知されます。
Setup
Nothing but just an EXAMPLE
DOWNLOAD >> Ubuntu Server 18.04.2 LTS
--------------------------
rbenv
--------------------------
https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-ruby-on-rails-with-rbenv-on-ubuntu-18-04
--------------------------
sudo apt install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm5 libgdbm-dev
git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenv install -l
rbenv install 2.6.3
rbenv global 2.6.3
ruby -v

echo "gem: --no-document" > ~/.gemrc
gem install bundler

gem install rails
rbenv rehash
rails -v

--------------------------
mysql
--------------------------
https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-mysql-on-ubuntu-18-04
--------------------------
sudo apt install mysql-server libmysqld-dev
sudo mysql_secure_installation

sudo mysql -u root -p

sudo vi /etc/mysql/conf.d/mysql.cnf
>>>
[mysqld]
character-set-server = utf8mb4
[mysql]
default-character-set = utf8mb4
<<<
sudo service mysql restart

sudo mysql -u root -p
mysql> create user '<database user>'@'localhost' identified by '<database password>';
mysql> grant all privileges on * . * to '<database user>'@'localhost';

--------------------------
thetis
--------------------------
sudo mysql -u root -p
mysql> create database thetis_production;

cd /var/www
sudo git clone git://github.com/sysphonic/thetis

#git reset --hard
#git pull origin master

cd thetis
bundle install
sudo chmod a+x bin/*
# rails app:update:bin
EDITOR="vi" bin/rails credentials:edit
vi config/database.yml
>>>
  socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock
...
  username: <database user>
<<<
bin/rails db:migrate RAILS_ENV=production THETIS_DATABASE_PASSWORD=<database password>
RAILS_ENV=production bundle exec rake assets:precompile assets:clean

--------------------------
apache2
--------------------------
https://tutorials.ubuntu.com/tutorial/install-and-configure-apache
https://www.phusionpassenger.com/library/install/apache/install/oss/bionic/
https://www.phusionpassenger.com/library/deploy/apache/deploy/ruby/
--------------------------
sudo apt install apache2

sudo apt install -y dirmngr gnupg
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 561F9B9CAC40B2F7
sudo apt install -y apt-transport-https ca-certificates
sudo sh -c 'echo deb https://oss-binaries.phusionpassenger.com/apt/passenger bionic main > /etc/apt/sources.list.d/passenger.list'
sudo apt update
sudo apt install -y libapache2-mod-passenger

sudo a2enmod passenger
sudo apache2ctl restart

sudo /usr/bin/passenger-config validate-install
sudo /usr/sbin/passenger-memory-stats

sudo apt update
sudo apt upgrade

--------------------------
sudo a2dissite 000-default

sudo mkdir <host dir>
cd /var/www/<host dir>
sudo chown -R <username>:root <host dir>

sudo ln -s /var/www/thetis/public thetis

sudo cp /etc/apache2/sites-available/000-default.conf /etc/apache2/sites-available/thetis.conf
sudo vi /etc/apache2/sites-available/thetis.conf
>>>
<VirtualHost *:80>
  DocumentRoot /var/www/<host dir>

‥‥

  # config/database.yml
  SetEnv THETIS_DATABASE_PASSWORD <database password>
  # $ bin/rails secret
  SetEnv SECRET_KEY_BASE <secret key base>

  RailsBaseURI /thetis
  # $ passenger-config about ruby-command
  PassengerRuby /home/<username>/.rbenv/versions/2.6.3/bin/ruby

  <Directory /var/www/<host dir>/thetis>
    AllowOverride all
    Options -MultiViews
  </Directory>

‥‥

<<<
sudo a2ensite thetis

sudo systemctl reload apache2

#vi /var/log/apache2/error.log
# ===>  /Message

Generated by
sphered.info